沿革、病院概要、総合力、病院機能評価

静岡てんかん・神経医療センターの総合力

沿革

国立療養所静岡東病院と国立静岡病院が組織統合し、平成13年10月より国立療養所静岡神経医療センターとして開院しました。
さらに平成16年4月より、独立行政法人国立病院機構 静岡てんかん・神経医療センターと名称が変わりました。

国立療養所静岡東病院

大正15年 3月 静岡市立静岡療養所として創設
昭和15年 8月 現在地に移転し、漆山荘と改称
18年 4月 日本医療団に移管
22年 4月 厚生省に移管、8月国立療養所漆山荘として独立
43年 4月 重症心身障害児(者)病棟40床併設
44年 5月 重症心身障害児病棟40床増床
46年 3月 重症心身障害児病棟40床増床
47年 3月 重症心身障害児病棟40床増床
49年 4月 国立療養所静岡東病院と改称
50年 4月 難病(てんかん)診療基幹施設に指定
50年10月 結核患者の診療を廃止
51年12月 てんかん病棟100床竣工
56年 4月 臨床研究部を設置
57年 1月 てんかん病棟100床竣工
平成元年 2月 外国医師臨床修練(てんかん)病院に指定
3年 7月 紹介外来型病院の指定
5年 3月 高度先進医療「てんかんの長期継続頭蓋内脳波測定法」承認
5年 4月 特定承認保健医療機関の承認
7年 5月 高度先進医療「神経磁気診断装置による中枢神経機能異常の診断」承認
13年10月 国立静岡病院と組織統合し、国立療養所静岡神経医療センターとして開院(てんかん200床、重症心身障がい160床、神経難病50床、計410床)

国立静岡病院

昭和12年10月 静岡陸軍病院安東分院として創設
20年 6月 本院が戦災により焼失し、当分院が本院となる
20年12月 厚生省に移管、国立静岡病院となる(定床167床)
31年 8月 定床313床(一般155床、結核158床)
32年 6月 医療法に定める総合病院となる
39年 7月 救急病院の指定を受ける
41年 7月 アレルギーセンター設置
43年 7月 人間ドッグ設置
56年 3月 定床310床(一般260床、結核50床)
58年10月 神経難病の診療を開始
59年 4月 日本整形外科学会認定医制度研修施設認定
平成 2年 7月 日本眼科学会、日本脳神経外科学会専門医制度研修施設認定
13年10月 国立療養所静岡東病院と組織統合し、国立療養所静岡神経医療センターとして開院(てんかん200床、重症心身障がい160床、神経難病50床、計410床)

概要

名称 独立行政法人国立病院機構 静岡てんかん・神経医療センター
所在地 〒420-8688  静岡市葵区漆山886
院長 井上 有史
管轄保健所 静岡中央保健所
病床数 医療法/410床(一般250床、重症心身障がい160床)
外来患者数 約150名/日
標榜診療科 内科・精神科・神経内科・小児科・脳神経外科・リハビリテーション科、放射線科、麻酔科・(歯科)
指定医療等 ・神経・筋疾患の基幹医療施設
・重症心身障害の専門医療施設
・国際医療協力担当施設
・日本小児科学会専門医・認定医制度による研修施設
・日本脳神経外科学会専門医認定制度による研修施設
・日本神経学会専門医教育施設
・日本認知症学会専門医教育施設
・日本てんかん学会認定研修施設
・日本精神神経学会精神科専門医制度による研修施設
・外国医師臨床修練指定病院
・日本認知症学会専門医教育施設
職員数 400名

病院機能評価

日本病院機能評価機構の認定証交付について

平成19年7月23日付けで、当センターに日本病院機能評価機構の認定証が交付されました。この認定証は、医療の質、安全管理などの今日的医療水準を認証するものですが、評価機構の審査を受審することで、当センターの優れている点や改善すべき問題点が具体的に示され、病院の現状を客観的に把握することができました。職員一同、問題点の改善に努めました結果、認定証が交付されました。引き続き、安全で質の高い医療の提供に努めて行きます。
なお、平成24年9月7日付けで、引き続き、今後5年間有効な認定証の交付を受けています。
                    

「メスキュード医療安全基金」の贈呈について

当センターに、平成19年度の「メスキュード医療安全基金」が贈呈されました。この基金をもとにてんかん情報センターを開設させていただきました。
医療現場における医療安全対策の推進に幅広く役立てるため、平成14年度に「メスキュード医療安全基金」が設置されました。毎年数件の団体、事業が支援を受けています。国立病院では初めてのことであり、大変に名誉です。