薬剤師を募集しています。(募集は終了しました)

※募集は締め切りました。

【勤務先について】
 この募集は、静岡てんかん・神経医療センターで薬剤師の増員を計画しているため行っています。採用は静岡てんかん・神経医療センターでの勤務になります。採用日は相談に応じます。
採用された後、主任薬剤師、副薬剤科長、薬剤科長と昇任する制度があり、国立病院機構の19病院のほか、独立行政法人国立高度専門医療研究センター及び国立ハンセン病療養所を含めた21病院間において人事異動(人事交流)が行われます。更に、希望により厚生労働省(東京都)等への人事交流があります。

【業務内容について】
疾病構造の変化、医療技術の高度化、患者ニーズの多様化など我が国の医療を取り巻く環境が大きく移り変わる中、各医療スタッフが高い専門性を発揮し、目的と情報を共有して医療を提供するチーム医療が求められています。
このような状況において、医療チームの一員としての病院薬剤師の役割と職能は、ますます拡大・多様化しています。
国立病院機構の薬剤科では、医薬品の管理から調剤、製剤、医薬品情報管理、薬剤管理指導、治験管理、臨床研究にいたるまで薬に関わるあらゆる業務に対して積極果敢に取り組んでいます。そして、これら多岐にわたる薬剤科業務をそれぞれ相互連携させ、医薬品の適正使用を推進し、医療チームの一員として安全かつ有効な薬物療法の実施につなげています。また、チーム医療を推進することができる薬剤師の育成にも力を注いでおり、多くの薬剤師が各種専門薬剤師を取得しています。
国立病院機構は、わが国最大の医療ネットワークであり、政策医療を効率的・効果的に実施できる体制が整っています。このネットワークを活用して、薬剤部門としては、がん、循環器病、精神疾患といった政策分野ごとのエビデンスの集積や、地域との医療・健康に関する交流、災害医療班への参加など幅広い分野での取り組みも進めています。さらに、東海北陸ブロック19施設160余名の薬剤師は、国立病院機構のネットワークでつながり、日常業務から得られた知識、情報を共有することにより、個々人のスキルアップのみならず、薬剤科機能の向上に努めています。
日進月歩する医療の中で、薬剤師が患者さん中心の医療チームに参画し、その能力を発揮することが期待されています。業務の拡大・展開に積極的に対応していくためにも、国立病院機構においては、情熱のある優秀な人材を求めています。

薬剤師

1.応募資格
 ・薬剤師免許所有者

2.応募手続き
 所定の履歴書があります。ホームページより様式をダウンロードし提出して下さい。
 ・免許所有者  ・・・・・・ 履歴書、薬事師免許
 ・免許取得見込者 ・・・ 履歴書、卒業見込証明書、成績証明書

3.採用試験
 ・試験日    随時
 ・試験内容  書類選考、面接及び小論文

4.待遇その他
 ・給与    基本給  大学卒(6年)  200,800円程度
               大学卒(4年)  178,200円程度
         諸手当  業績手当(賞与部分年間3.95月分程度)
               住居手当(借家は月額最高27,000円支給)
               通勤手当(月額55,000円まで全額支給)
               その他諸規定に基づき手当支給
 ・休日、休暇    原則として4週8休(週38時間45分勤務)
             有給休暇あり、その他夏季休暇等の特別休暇あり
 ・その他      院内保育所が利用できます。事前にご相談下さい。
            提出書類はお返しできませんので、ご了承下さい。

   履歴書のダウンロード ( PDF:78KB)

履歴書送付・お問い合わせ先

 〒420-8688
 静岡県静岡市葵区漆山886
 独立行政法人国立病院機構静岡てんかん・神経医療センター
 管理課 庶務係長
 TEL (054)245-5446
 FAX (054)247-9781