臨床研修医募集

後期臨床研修

後期臨床研修の到達目標

  • コース・プログラムに設定した疾患、症例数を経験でき、手技を修得する
  • 臨床研修制度で指導医の役割ができる
  • 医療安全推進者の役割が果たせる
  • 診療録管理ができ、診療統計が活用できる
  • 学会発表、治験などの臨床研究活動ができる
  • 学会などの各診療科専門医、認定医の資格を修得できる
  • 国内外での研修・留学の機会を得る

静岡てんかん・神経医療センターにおける後期研修の内容

特色

  • てんかん診療の我が国の中核施設である当院(てんかんセンター)にて小児~高齢までのてんかん学を、内科・外科・リハビリテーションについて包括的に研修
  • 神経内科学、神経変性疾患の包括医療・地域医療の研修
  • 重症心身障害医療の研修
  • 神経診断、神経生理、神経画像、神経心理、神経遺伝、神経薬理、神経病理、神経精神医学、リハビリテーション学の修得。特に神経生理・神経画像の集中研修。
  • 1~2年間の研修。他施設での研修との組み合わせが可能。短期研修も可
  • 小児神経専門医、てんかん認定医、神経内科専門医、脳外科認定医の応募資格の取得。他の資格(精神保健指定医など)取得コースも紹介。
  • 研修生の希望によりプログラム選択が随時可能
  • 臨床研究・論文執筆の指導。国内外の施設での研修・留学を紹介

後期研修プログラム

てんかん学研修プログラム

  • 小児脳波・神経画像専門プログラム1(1年)
  • 小児てんかん専門プログラム1(内科治療)(1年)
  • 小児てんかん専門プログラム2(外科治療評価)(1年)
  • 成人てんかん学研修プログラム前期・後期(各1年)
  • てんかん外科学研修プログラム前期・後期(各1年)
  • 神経生理・神経画像アドバンストプログラム(6ヶ月)
  • 重症心身障害専門プログラム(1年)

神経内科研修プログラム

  • 神経内科基礎プログラム(1年)
  • 神経変性疾患プログラム(1~2年)

当院でのプログラムを織り込んだ研修コース

  • 小児神経科専門医取得コース
  • 小児科脳波・神経画像重点コース
  • 精神科コース
  • 精神科てんかんコース
  • 神経内科コース
  • 神経内科難病コース
  • 神経内科てんかんコース
  • 脳外科コース
  • 脳外科てんかんコース

院内に宿泊設備完備(単独、世帯)
精神衛生に良い美しい自然環境・温暖な気候

3. 静岡てんかん神経医療センターのコンセプト

施設概要
・ 病床数:410(てんかん200、神経難病50、重症心身障害160)
・ 外来患者数:150
・ 標榜診療科:内科、小児科、神経内科、精神科、脳外科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、歯科
・ 創設:大正15年
・ 医師数:34名
・ 所在地:静岡市葵区内(周辺は水鳥公園)。東京・名古屋より新幹線で1時間。

診療機能
・ てんかんの総合診療(小児科、神経内科、精神科、脳外科、リハビリテーション科等の連携)
・ 神経難病の包括診療
・ 神経内科の一般診療
・ 重症心身障害診療
・ 発達障害の診療

診療圏:広域のてんかん医療と地域密着の神経難病医療
・ てんかん入院の76%は静岡県外、てんかん初診患者の73%は県外
・ 神経難病入院の98%は静岡県内

特殊外来
・ てんかん
・ 神経難病
・ ミオパチー
・ 物忘れ
・ 転倒予防
・ 発達障害
・ 遺伝カウンセリング

医療機器および特殊検査
・ Digital Video-EEG 24台(頭蓋内脳波専用2台)
・ 脳磁図
・ 筋電図、誘発電位装置、睡眠解析装置、磁気刺激装置
・ CT, MRI, SPECT, Angiography
・ 電子顕微鏡、遺伝子解析、蛋白・ペプチド定量、細胞培養、パッチクランプ、キンドリング、動物舎
・ グルタミン酸受容体抗体、チトクロム P450解析、てんかん遺伝子解析(他施設共同)

施設認定
・ 日本小児科学会専門医・認定医制度による研修施設
・ 日本小児神経学会小児神経科専門医制度による研修施設
・ 日本脳神経外科学会専門医認定制度による研修施設
・ 日本神経学会専門医教育施設
・ 日本てんかん学会認定研修施設
・日本精神神経学会による専門医研修施設
・ 外国医師臨床修練指定病院
・ 特定承認保険医療機関
・ 国立病院機構による神経・筋東海北陸ブロック基幹施設
・ 国立病院機構による重症心身障害専門医療施設
・ 国立病院機構による国際協力担当施設

専門医等
・日本てんかん学会認定医 17名
・身体障害指定医(肢体不自由) 21名
・精神保健指定医 3名
・日本神経学会専門医 9名
・小児科専門医 8名
・小児神経専門医 7名
・脳神経外科専門医 3名
・日本精神神経学会指導医 2名
・外科専門医 1名
・日本医師会認定産業医 2名
・臨床遺伝専門医 1名

臨床研究
・臨床研究部
・生理研究室
・病理研究室
・薬理研究室
・遺伝子生化学研究室
・リハビリテーション研究室
・疫学医療情報研究室

国際医療協力
・ 医療スタッフ派遣:中国、モンゴル、ベトナム、ネパール、バングラデシュ、インドネシア、ラオス・・・・
・ 海外研修生受け入れ:ペルー、中国、韓国、台湾、フィジー、フィリッピン、サウジ、ネパール、インド、インドネシア、タイ,マレーシア、ベトナム、モンゴル、ミャンマー、グルジア、カナダ、ドイツ
・ 欧米を含む諸医療機関との往来

研修事業
・ 医師生涯教育研修事業
・ 医師会対象、若手医師対象
・ 医学生研修
・ 医療専門職対象研修事業(看護、技師、リハビリ職、福祉職など)
・ 非医療専門職対象研修事業(教育・雇用・行政職など)
・ 一般対象啓発事業
・ 患者会との共催啓発事業

お問い合わせは、
独立行政法人国立病院機構 静岡てんかん・神経医療センター 高橋幸利 まで
〒420-8688 静岡市葵区漆山886  Tel:054-245-5446 Fax:054-247-9781
Email:sien@shizuokamind.org