研修生募集

医師研修 ・長期の研修が可能な方はレジデント制度をご活用ください。
・1日~3か月未満の短期研修 、1回/週~月の定期的な見学研修も可能です。
Epilepsy Exposure Course(てんかん研修初期コース)について
ご連絡は副院長
医学生研修 ・応募条件:医学部1~6年生
・募集人数:週あたり若干名
・研修期間:1~数週間
・研修内容:てんかん診療・神経内科診療の見学実習、脳波判読・画像診断の訓練等
・研修指導担当者名:臨床研究部長他
・募集方法:Eメールで連絡(副院長
・選抜方法:研修委員会等で協議
・宿泊施設:研修宿泊棟に宿泊可能
看護師研修
臨床検査技師研修
放射線技師研修
理学療法・作業療法・心理検査・療育にかかわる研修
その他

てんかん研修初期コースについて

一般目標(GIO):
てんかん・てんかん発作の国際分類に従った外来診断を行なうための、問診法、脳波画像診断を修得する。

Epilepsy exposure course 1

一般目標(GIO):
てんかん専門医による外来診療を見学し、その指導を受ける。5日目には自身で問診をとり、てんかん・てんかん発作診断を行い、問診による診断過程を修得する。(1週間)

行動目標(SBO):
①てんかん発作分類を理解し、各発作の特徴を説明できる。
②全般発作か部分発作か、問診にて鑑別できる。
③部分発作症状から発作の焦点を推定できる。

Epilepsy exposure course 2

一般目標(GIO):
course 1に続いて、自身で問診をとり、てんかん・てんかん発作診断を行い、専門医のアドバイスを受ける。脳波、画像情報を含めたてんかん・てんかん発作診断過程を修得する。(1-数週間)

行動目標(SBO):
①てんかん診断に特徴的な発作間欠時脳波所見を説明できる。
ヒプスアリスミア・ローランド発射・ファーストリズムなど
②発作間欠時発射の焦点をデジタル脳波解析で明らかにできる。
③てんかん診断に特徴的な画像所見を説明できる。
内側側頭葉硬化・側脳室周囲結節・チューバ-など

Epilepsy Exposure Course( PDF:147KB)

(連絡先:副院長