薬剤部

薬剤部の働き

04 調剤業務をはじめとして医薬品の購入、品質管理、有効性・安全性などの情報収集・提供、無菌製剤調製など、患者さんの治療に対し一貫して薬剤師の観点から支えています。また、医薬品を薬物動態学、薬力学などの専門的知識を活用し科学的に分析し、最も適切な薬物療法が行われるよう、他の医療スタッフとともに、より質の高い安全・安心・納得の医療を提供できるよう活動しています。

薬剤部の業務

02 5

調剤室

 主に入院中の患者さんに使用される薬(内用薬、外用薬など)を調剤しています。処方箋の内容に基づいて、服用量、飲み方、飲み合わせなどのチェックを行うとともに、患者さん一人ひとりに適した形(錠剤の粉砕、分包、剤形)に提案することで安全に医師の指示通りに服用できるように調剤を行っています。

注射・製剤室

 主に入院で使用される注射薬の払い出しを行っています。処方箋の内容に基づいて投与量・経路・速度・期間、混合時の安定性や配合変化、他に使用される薬剤との相互作用など、適正使用に関してのチェックを行い、払い出しをしています。また、必要に応じて、一定の規格に適合した清潔度の高い無菌環境下においての点滴の調製や病院独自の特殊薬品の調製も行っています。

薬務室

 病院で使用される医薬品を購入し、適正に使用されるために医薬品の管理を行っています。医薬品の管理は、動向を把握し、適切な在庫が保たれるように、計画的に購入しています。薬剤部で保管している医薬品だけでなく病棟や診察室、手術室などで使用される医薬品等も管理の対象としており、定期的に点検を行っています。また、災害時に備えた医薬品の備蓄の管理も行っています。

情報管理室

 製薬会社、インターネット、文献、書籍などから得られるさまざまな医薬品に関する情報を、収集、評価、整理、保管しています。医師や院内職員に向けて適切な情報を適切な時期に発信することで、よりよい薬物療法が患者さんに提供できるように配慮しています。院内職員向けに、院内ホームページ上の掲示板を活用し、安全性情報やトピックス、採用医薬品・採用中止医薬品などの情報発信も行っています。

チーム医療

05 06
 医師、看護師をはじめとする様々な医療スタッフと連携し、それぞれの職種の専門性を発揮することで、患者さんによりよい治療・ケアを行っています。薬剤管理指導をはじめとして、栄養サポートチーム、感染制御チーム、褥瘡対策チーム、医療安全、カンファレンスへの参加など、チーム医療の一員として積極的に活動しています。

治験業務

治験管理室

07 未承認薬の臨床試験を適正かつ円滑に行うために被験者、医師、製薬会社の橋渡し的業務を行っています。治験管理室事務局の統括役として活動しています。
治験管理室はこちら

学生実習・職場見学

08 薬学部大学生の実務実習認定病院であり定期的に実務実習生を受け入れ、大学側との連携を図りつつ未来の薬剤師の育成を行っています。また、職場見学についても受け付けおります。なお、連絡先については代表までお願いします。