リハビリテーション

てんかんに悩んでいる方で、リハビリテーションが必要な方は少なくありません。リハビリテーションは身体のいろいろな機能を改善するだけではありません。お子さんであれば、発達や教 育の心配が浮かびます。成人であれば、生活や仕事のことが気にかかります。自信のなさや社会的孤立などの内面の問題が、自立を妨げていることも少なくありません。
当院のリハビリテーション科は、6つの部門(医療相談、心理、作業療法、理学療法、聴覚言語療法、療育)が協力して、自立のためのお手伝いをしています。
神経内科の病気をお持ちの方には、身体機能のみならず、認知機能や行為機能の改善、在宅でのケアのあり方の検討などをいたします。
重症心身障害をお持ちの方には、食べ方や、知的および運動機能のリハビリテーションに取り組んでいます。

  

☆ リハビリテーションをご希望の方は、受診の際、まず主治医にご相談ください。